スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年おけましておめでとうございます。

一年過ぎるのがはやいですね。子どもが小学生になったらよけいです。
昨年はいよいよ40代突入(-_-;) まだ次男が2歳なのでがんばらないと、、、。毎日の散歩はかかせないのです。
新年はじめCHERRYさんが本の表紙に!本屋にいったらみてください。P1130029.jpg
スポンサーサイト

あおぞら

冬はそらがきれい。
2さいの息子の散歩途中にパチリPC100039_convert_20111212113109.jpg
PC100037_convert_20111212113227.jpg

ぺんぎんとぞうは4年生の娘作。
図鑑をみながらさらさらっとかいてました。可愛いし上手!ですよねー。

しまうまは2年の息子の力作。2時間かけ丁寧にかきましたがその工程には私からのアドバイスもあり。
あきっぽい息子ががんばった作品。
PC120066.jpg
PC120067.jpg
PC120068.jpg

monoマガジン雑誌掲載

PC060005.jpg
PC060001.jpg
PC060006.jpg
パートナーCHERRYさん雑誌掲載です。

まだまだ可愛い2年生。

一番下の息子がもうすぐ2歳。2年生の息子はすっかりお兄ちゃん。だけどまだまだ可愛いくて笑えることが沢山。ある日「ママのつくったキノコかして」というので訳を聞くとお友達が休み時間に「きのこかーして」ときてキノコのお世話ごっこをしてるそう。可愛いぞ!2年生!

そして姉が2年生。息子が年長さんの『はじめてのお使い』ではなく『アトリエにパパのごはんをお届』のはなし。
パパが忙しので夕飯を届けることになり、歩いて1分のアトリエに姉は暖かいどううぶりもの。「温めて食べてね」息子はサラダ。「すぐ食べないなら冷蔵庫に入れてね」とそれぞれ伝言を頼みました。
はりきって2人で向かったもののなかなか帰ってこないので外も暗くなってしまいました。
やっと二人が帰ってきて「パパに渡せたの?」ときくと満足げに「うん!」遅かったけどおしゃべりでもしてたのだろうとおもっていました。
パパが帰ってきて「いや~びっくりしたよ」と・
話を聞くとたまたまパパは近所のおうちに用事があって届けたときにいなかったそうで、二人はお弟子さんに居場所をきくとアトリエをでていったそうです。
なんと二人は近所のおうちを訪ね「パパいますか?」あがりこんでいきなり言わなければならない、「温めてたべてね!」と「冷蔵庫に入れてね!」とつげるとさしだしたそうです。
一生懸命だったんですね(笑)
プロフィール

54nuts

Author:54nuts
54nutsはヘンプ、革、麻、、、をつかった雑貨小物を紹介してます。パートナーは革作家のcherryさん。彼と子供たちと暮らす手作り&自然豊かな生活もご紹介します。写真のアトリエはすべて彼の手作りハウスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。